HOME

    ビニールハウス谷換気システムの構築    

吉永智紘 様  (熊本イチゴ農園仲間代表)
熊本県玉名郡和水町

 
 
現代農業誌 2011年3月号 P272〜P276 掲載
現代農業誌 2011年4月号 P280〜P283 掲載
 
現代農業4月号の吉永様のコメント。
カラクリックスを使って私はハウスの自動換気システムを作りましたが、できることはそれだけではありません。日射量などの条件によって自動かんすいするシステムなどなど…いろいろなシステムを作ることができます。 この記事を読んで自分もやってみようという方は電子メールでご連絡ください。メールによるサポートができると思います。この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 
KARACRIXを応用して、吉永様が作られたハウス谷換気システムを以下簡単にご紹介します。

手作り機能概要
  1. ハウス内温度を検出してハウス谷部分を開閉することで自動換気するシステムを手作りされました。
  2. 時期や時間帯に応じて温度管理をすることでイチゴの品質と収量を上げています。
  3. 既存の手巻換気装置にモータを取り付けKARACRIXで制御しています。
  4. システム運用はかれこれ3年目に入りました。

システム概要 (吉永農園樣の場合)

  1. 自宅にPC (CentOS5+KaracrixBuilder24A) を設置しています。
  2. PCはインターネットに接続されダイナミックDNSを用いて外部よりアクセスできるようになっています。
  3. システム異常を知らせるメールもこのインターネットを介して携帯に送出されます。
  4. リモートI/O装置 (KaracriBoard-TK0040A) は、ビニールハウス側に設置されています。
  5. 自宅PCとリモートI/O装置は公道を隔てて離れており(300m)、これを無線LANで繋いでいます。
  6. 無線LAN通信は通信途切れることがあるのでプログラムによるリトライエラー処理が必要です。
  7. リモートI/O装置、モータを動かすリレーその他色々は、制御盤と言われる箱に収納されています。
  8. 制御盤には自動/手動のスイッチが取り付けられ、KARACRIX自動制御と手動別に動かせます。
  9. 取り付けセンサーは、温度センサーと雨センサー(他社製品)です。
  10. アクチュエータは、モータを駆動させる正転逆転用のリレーです。
  11. 現在温度と最高・最低温度をLCDディスプレーに表示させています。

手作りプログラム

  1. 温度制御プログラム:温度センサーよりモータを制御します。
  2. 雨制御プログラム:雨を検出したらハウス全閉にします。
  3. 温度記録プログラム:一日の最低温度と最高温度を検出してファイルに記録します。
  4. その他:PC及び携帯Web監視,記録,警報メール等はKaracrixBuilderの基本機能を使用しています。

○ 吉永樣の苦労した点

  1. 既存の手巻換気装置を連結し改造利用すること。(連結金具は手作り対応)
  2. 換気の上限・下限を検出するためのからくり作り。
  3. これが無いとモータ制御時にビニールを破いたり装置を壊してしまうためである。
  4. 検出器は手巻換気装置の後ろに螺旋コイルとリミットスイッチを使って作ってある。
吉永樣作成     ハウス谷換気システム資料

 
システム図  
 

 
 
yoshi0819.jpg
ハウス内の様子
 
yoshi0820.jpg
採れたてイチゴ (さがほのか種)
 
yoshi0903.jpg
中村イチゴ農園樣PC (中村樣のシステムはPCをハウス側に設置)
 
yoshi0830.jpg
ハウス制御盤 (盤内上部がTK0040A/中部がリレー/下部が端子台)
 
yoshi0833.jpg
既存の手巻換気装置にモータとチェーンと軸回転位置を
検出する検知器が改造され取り付けられている
yoshi0880.jpg
改造換気装置が雨に当たらないよう小型ハウスに覆われている
 
 
 
熊本イチゴ農園仲間   システム手作り好きな皆様方 (2010.3)
yoshi0908.jpg
吉永イチゴ農園樣
 
yoshi0906.jpg
中村イチゴ農園樣
yoshi0899.jpg
北原イチゴ農園樣
 
 

HOME