HOME 戻る

download.jpg (4533 バイト)

 

KaracrixBuilder-32F フリーソフト ダウンロード

 
ファイルをダウンロードする場合は、ダウンロードしたサイズを良くご確認下さい。
使用するブラウザ(IE,Chrome,Firefox,Opera,ETC)によっては異なるサイズでダウンロードされるケースが出ています。
正しいサイズでダウンロードできなかった場合は、異なるブラウザを使用してダウンロードしてみて下さい。
 
対応 OS ファイル名 サイズ(B)
  CentOS6,   RHEL6
  CentOS7,   RHEL7

 
  CentOS 6 メンテナンス更新期限 2020/11/30
  CentOS 7 メンテナンス更新期限 2024/6/30
 
  自宅遠隔監視制御サーバ具体的構築例参照
 
64ビットOS用   v3.51版   2015.11.7 リリース
karacrix32F_v351_cent6_64.tgz
( md5sum: 64b98863489c13cea1ca97c9d688578b )
 
※ 32ビットOS用要望の方はお問い合わせ下さい。
35,620,309
  CentOS5,   RHEL5
 
  CentOS 5 メンテナンス更新期限 2017/3/31
 
  ※CentOS5インストール方法↓
  自宅遠隔監視制御サーバ具体的構築例参照
 
32ビットOS用   v3.51版   2015.11.7 リリース
karacrix32F_v351_cent5.tgz
( md5sum: 89fdb4b58a53941c14b315756f3fee1b )
 
※ 64ビットOS用要望の方はお問い合わせ下さい。
31,113,620
  Ubuntu 14.04 LTS
 
  14.04 メンテナンス更新期限 2019/4
 
  Ubuntu インストール参考↓
  自宅遠隔監視制御サーバ具体的構築例参照
 
64ビットOS用   v3.51版   2015.11.7 リリース
karacrix32F_v351_ub1214_64.tgz
( md5sum: 35518dc9116b98dc14999f25a9a9c668 )
35,240,077
  Raspbian     ( Raspberry Pi 3 )
 
  Raspberry Pi   (ラズベリー・パイ用)
 
64ビットOS用   Raspbian   v3.51版   2017.9.26 リリース
karacrix32F_v351_raspbian3_20170926.tgz
( md5sum: fcca2ec976e2fb294bcbc3fc40dc855b )
 
 
32,920,860
  Raspbian     ( ~ Raspberry Pi 2 )
 
  Raspberry Pi   (ラズベリー・パイ用)
 
32ビットOS用   Raspbian   v3.51版   2015.11.7 リリース
karacrix32F_v351_raspbian2_20150505.tgz
( md5sum: 9d4b3007f8a126d1b323249e4d0daaac )
 
 
32,275,253
 
 
 
 
 
v3.51版 (2015.11.7 リリース)
メール機能アップ (+カメラ画像送信,+ログ等のファイル転送)
 
v3.50版 (2015.8.10 リリース)
SMTPサーバ2重化メール送信
メール制御機能アップ (+属性,+記録トレンド)
 
v3.42版 (2015.6.10 リリース)
英語版に対応出来るよう画面表示フォントを一部アウトライン化対応しました。
 
v3.40版 (2014.11.1 リリース)
karacrix24A->karacrix32F にボリュームアップし使用条件を大幅緩和(BusinessFree)しました。
 
SSL(暗号)を用いてメール発信が出来るようになりました。
メールを2つ別々のメールサーバを経由させて同時(2通)に発信できるようになりました。
※SSLが使える事から,GoogleやYahooのメールアカウントでも使用できるようになりました。
 
v3.30版 (2012.11.29 リリース)
ポイント汎用属性名の機能向上。 監視画面カラーテーブルの追加。 その他バグフィックス。
 
v3.20版 (2011.8.1 リリース)
監視画面に、属性設定ダイアログ画面を追加
 
v3.11版 (2011.4.25 リリース)
監視画面CADの属性文字表示数制限機能にバグがあり修正 (UTF8の場合のみ)
 
v3.10版 (2010.5.1 リリース)
KaracrixBuilder起動時に、任意の監視画面まで自動立ち上げする機能の追加。
システムパラメータ→No81.初期画面自動起動 = 1
システムパラメータ→No82.初期画面番号 = 14   (例)
 
v3.00版 (2008.12.1 リリース)
不具合修正しβ版から正規版に格上げ。今後もバグ修正&機能向上続けます。
 
β版19 (修正点 2008.8.15)
今後のアプリケーションが32/64ビット両OSで一元使用できる様、 32ビット版用KaracrixBuilderの仕様を64ビット版に合わせ変更しました。
KaracrixBuilderV3.0正式リリースする前の最後の大変更(以下の2点)です。
1.記録ファイル等の時間レコードを全て64it(8バイト)に拡張しました。
  これにより2038年問題も解消しました。
  なお以前作成した記録ファイルをβ版19以降のものに移しご使用になられる方は移植に関しお問い合わせください。
2.実数値関連を単精度(float)から倍精度(double)にすべて統一しました。
  作られたアプリケーションプログラム内のfloatの宣言をdoubleに変更(置換)し再コンパイルする必要があります。
上記変更箇所以外のアプリケーションプログラムおよびCADデータ等に関し変更はありません。
加えて、今までのいくつかのバグを修正しました。
HPより以下2つのプログラムをダウンロードして使用している方は、バージョンアップする必要があります。
古いプログラムは(メモリ宣言の大きさが異る為)使用出来ませんのでご注意ください。
1. 通信プログラム作成練習用サンプル (0.95以降にバージョンアップしてください)
    kcx_com_study_1_utf8.pgc   或は   kcx_com_study_1_euc.pgc
2. 通信&警報マネージャ多機能プログラムS1 (v0.87以降にバージョンアップしてください)
    kcx_com_driver_S1_utf8.pgc   或は   kcx_com_driver_S1_euc.pgc
β版18 (修正点 2008.5.25)
監視画面CAD部品箱、CentOS5バッキングストア時表示、等バグ修正
β版17 (修正点 2008.4.22)
警報履歴表示等仕様変更、その他バグ修正
β版16 (修正点 2008.1.20)
トレンドグラフ描画化け、その他修正 (CentOS5用X11対応)
β版15 (修正点 2007.12.12)
メール送受信認証機能アップ ( パスワードがネット上に流れない方式追加 = APOP, CRAM-MD5 )
β版14 (修正点 2007.11.4)
設定変更
要注意
ポイントオブジェクトID名の桁を2から3に増やしました。
旧バージョンのリソースを移植するときは下記変更が必要です。
例)   di01 → di001     ai01 → ai001
バグ修正
メール文に文字化けが生じる場合があり修正
バグ修正
複数プログラムから同時複数メールの送信が出来ない事があり修正
旧バージョン(β版13以前)から新β版14への移行のアドバイス
1. 旧バージョンKaracrixBuilderを起動し、あなたが作った監視画面と制御プログラムリソースをエクスポートする
2. 旧バージョンKaracrixBuilder24Aを別名に置き換える
3. 新バージョンをインストールする
4. 退避した上記リソースをインポートする
5. オブジェクトIDを、新バージョンに合わせ変更する (例:di01->di001)
6. 他の設定は、申し訳ありません。手動で再設定願います
7. 通信&警報マネージャ多機能 プログラム(通信制御ドライバS1) は、v0.84以上のものをご使用下さい
 
 
 
 
 

CentOS3インストール 例   &   旧 KaracrixBuilder-16A-smallダウンロード(2007.7.12迄)

対応 OS ファイル名
Free Soft Version : テスト版   (2006/4/19)
KaracrixBuilder-16A-small/v3.00Beta10
 
1. 安定版 Linux (RedHat9) 凖推奨
    (↓長期連続安定稼働求む方、 下記エンタープライズ(企業用)仕様Linux推奨)
 
    特安定版 CentOS3.9   (中身Linuxですよ)   (CentOS4からもバックポートされている安定版)
 
CentOS3.9の作り方
下記要参照
http://rarfaxp.riken.go.jp/comp/tips/centos.html
要領 (全て自己責任でお願い致します)
1. 例えばWindows等で、CentOSの下記イメージファイルCD-R3枚分を(上記URLのFTPサーバ等より)ダウンロードします。 次に、ダウンロードファイルが最近何故か良く欠けますので、上記MD5SUMSディレクトリ内にあるイメージファイルのMD5チェックサムをチェックツール(Windowsでは wMD5sum 等)で必ず確認してください。 次に、通常のファイルでなくISOイメージファイルが書き込めるソフト(フリーソフトあるようです)を準備しこれでCD-Rに焼きます。
      CentOS-3.8-i386-bin1of3.iso
      CentOS-3.8-i386-bin2of3.iso
      CentOS-3.8-i386-bin3of3.iso
以下テスト作成もの
CentOSダウンロード手順
CentOSインストールCD作成方
2. LinuxマシーンにするPC(CD-ROM)に1枚目のCD-Rから順に読み込ませインストールしていけば出来上がります。
※インストール時の注意:
インストールの種類が出たら→「カスタム」
パッケージグループが出たら→「すべて」 にしてください。
「すべて」にしないと KaracrixBuilder 上でアプリケーションプログラムを C コンパイルする際の環境が整いません。
 
 
2. UTF8環境ご使用の方
※上記パッケージのデフォルト文字コードはUniCodeです。KaracrixBuilderの文字コードはExtendedUnixCodeですので必ず文字コードをEUCに変更してご使用ください。
編集ファイルは /etc/sysconfig/i18n です。
以下参照。
LANG="ja_JP.eucJP"
SUPPORTED="ja_JP.eucJP:ja_JP.ujis:ja_JP:ja"
 
「KaracrixBuilder起動の仕方」
以下テスト作成もの
karacrix16Aダウンロード手順()
karacrix16Aの起動()
karacrix16A_v300B_r9x.tgz(圧縮ソフト)を、あなたのホームディレクトリにダウンロードしてください。
このパッケージを解凍すると karacrix16A というディレクトリがホームディレクトリに生成されます。
このディレクトリの中に、 karacrix.sh がありますのでこれを実行するだけです。
karacrix.sh実行してもKaracrixBuilder画面が出ない方へ
1. GUI画面で圧縮ソフトの解凍を行い、これがうまく行っていない場合動かない。というケースが多いようです。 確実に解凍するには、下記コマンドもお試しください。
tar   xvfz   karacrix16A_v300B_r9x.tgz
2. karacrix.sh は、バッチコマンドファイルのようなもので中を参照ください。そしてこれらをコマンド画面より手動で実行してエラーメッセージが出るか教えて下さい。(△はスペースを意味する)
   KARACRIXPATH=$HOME
   KARACRIXTYPE=karacrix16A
   export △ KARACRIXPATH △ KARACRIXTYPE
   $KARACRIXPATH/$KARACRIXTYPE/sys/sbin/karacrix
 
CentOS3.X設定メモ
 
「KCXH-IOB30RTAをお持ちの方は」
1. KCXH-IOB30RTAのIPアドレスは、192.168.0.200 とします。
2. KCXH-IOB30RTAのIO部に、スイッチやアナログセンサをつないでください。
3. KaracrixBuilder起動後、GUI呼出ボタンをクリックして、メインメニュー画面を出します。
4. 制御プログラムボタンをクリックして、No.10 の計測制御通信プログラムのプログラム編集(src xxxx/xx/xx xx:xx)の項をクリックします。
5. プログラム編集画面右上にある、コンパイルボタンをクリックしてください。
6. コンパイル生成状態のランプが赤くなったら、実行モニターボタンを押してください。
7. KCXH-IOB30RTAの電源を確認してから、プログラム実行する為にFreeRUNボタンを押してください。画面中のプログラムがパラパラと動いて、KCXH-IOB30RTAのLAN部にあるLEDが点滅すれば、動作はOKです。
8. 画面右上のEND/ENTボタン等を押してメインメニュー画面に戻ります。
9. 監視/手動操作ボタンをクリックして、監視パネルメニュー画面内のIOテスト画面をクリックしてください。
10. KCXH-IOB30RTAに取り付けた接点入力や、アナログデータを変化させて、これらが反映して見えればシステムは正常に動作しています。ついでに、リレー出力も操作出来るはずです。
11. WebサーバやEメール環境整えれば、外部からアクセスできます。固定IPを取得すれば、iモードからも、監視操作が出来るようになります。
12. Windowsをメインで使っている方、Web画面使って、操作履歴、警報履歴、また計測記録データをCSV(カンマ区切り)ファイルでダウンロード取得出来ます。

※httpサーバ起動トラブル(FedoraCore3)
KaracrixBuilderマニュアル(参考1Webサーバ)に従ってパス等を設定し
システム設定→サーバ設定→サービスの設定の httpd の起動で下記エラーが出た
DocumentRoot must be a directory
方は、システム設定→セキュリティーレベルのSELinux(S)を無効にしてCPU再起動し 再度、 httpd を起動してみてください。

 
 
karacrix16A
_v300B_r9x.tgz

過去のインストール方法(参考)

※パッケージがうまく動作しなかった場合には、環境をお書き頂き karacrix@din.or.jpまでご相談ください。

バージョンアップの場合は、usrディレクトリを待避後、ホームディレクトリで
% rm    -rf    karacrix16A
実行後再インストールしてください。


HOME 戻る